束の間 意味。 束の間の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「束の間」とは?意味と類語!例文と使い方!

意味 束の間

☏ 刹那の例文 5.刹那的な気持ちかもしれないが、私は彼のことをとても好きだと感じている。

「束の間」の意味・由来

意味 束の間

🙄 「喜びも束の間」「束の間の夢」「束の間の休息」「束の間の幸せ」「束の間も忘れない」などのように使われる。

「束の間」とは?意味や使い方を解説

意味 束の間

😋 いつもバタバタと忙しいビジネスマンが、休暇を取って、家族や恋人と 「束の間の休息」をするには最高の場所です。 しかし、そうはいっても人生というのは非常に短いものです。

1

束の間の意味!語源や使い方をわかりやすく説明します。

意味 束の間

😙 しかし、別の例文で考えると、例えば「何かが光ったその刹那、私は気を失った」というような文章の場合、この刹那とは「光ったその時」という意味になり、とても短い時間を意味することになります。 「束の間」の例文3 「束の間も、養子に出した子供のことを忘れたことがない」 最近では様々な養子制度が発達し、金銭的な事情等で子供を育てられない親のもとに生まれた赤ちゃんが実子として他の養父母のもとで育てられる、ということが行われるようになりました。

「束の間」とは?意味と類語!例文と使い方!

意味 束の間

👈 「非常に極めて短い時間」という意味になる言葉で、 「刹那」の語原を調べてみると、元々は仏教用語の1つで、時間の最小単位を意味していました。

10

束の間の意味!語源や使い方をわかりやすく説明します。

意味 束の間

☭ 「束の間」という言葉には、その短い時間が過ぎた後には、良くない状態が待ち受けているというニュアンスが感じられますので。 「気が付けば」というようなニュアンスを含んでいて、意識が向いた時には、もう出来事が起こっていたという意味になります。 一瞬の類語 一瞬の「一」という字が含まれる単語としては、ちょっとだけ見やることを意味する「一瞥」、ほんのわずかであり、かすかであることを意味する「一抹」、ごくわずかであることを意味する「一縷」などがあります。

束の間の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

意味 束の間

🤩 ちょっと。 「束の間の休息」を使った言葉と意味を解釈• またたきとは、「星のまたたき」という風に使われるように、光がちらちらとついたり消えたりすることや、人間がまばたきをする様子などを示す言葉です。

「束の間」とは?意味や使い方を解説

意味 束の間

🖕 プラスの状態を表す言葉と一緒に用いられて、 その時間が短いことを惜しむようなニュアンスで使われる。 束の間の由来とは? 束の間の由来は大昔に用いられた 長さの単位「束」から来ています。

建築用語が由来の言葉①

意味 束の間

⚔ この言葉がよく使われる場面としては、きわめて短い時間について表現する時などが挙げられます。

3